<< 國際劇場 | main | 底なし沼 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
はなし。


荒野の二人が話し込んでる。
| - | 22:56 | comments(9) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - |
ガジュマルを見たことがあるかね。

「・・・。」

ガジュマル、知らんかね。

「水ものですか?」

木だがね。

「・・・私が未来から来たって言ったら信じます?」

宇宙から来たっていう方がわしは好き。
そのことで細かいことは言うまいよ。

「ありがとうございます。ガジュマルですか。」

あぁ。月にささってるという本、知ってるかね?

「いえ皆目。宇宙からきましたが、気づきませんでした。」
| | 2008/06/07 2:02 AM |

博士「万物はグラデーションの観点で考えると、一つの個体を成していると捉えることができると思うが、どうかね?」

河童「それは違うね。君はプリンはいくつでも食べられるのに、卵豆腐は一口も食べられないで残すじゃないか。同じ一つの連続体なら、卵豆腐はプリンだよ。今度からは卵豆腐も残さず食べたまえ。」
| | 2008/06/07 3:25 AM |

「ラクにラクに、楽しくいければそれでいいのでしょうか。苦しみ悩むことをなくせば、それでいいのでしょうか」

「極端はよくないがなあ、そこで何を求められているのか見つける、嗅覚のようなものが必要なのかもしれぬ。簡単なことではないがなあ」

「目下の課題は、卵豆腐なんですね・・・・」
| | 2008/06/07 12:23 PM |

「あれを発明したのは、本当は君なんじゃないのか。」

「ノーコメント」

「竹を使おうという発想も、君だったんじゃないのか。」

「ノーコメント」

「話を変えよう。彼は実際どんな奴だったんだ。」

「むこうみずで、意地っ張り。さすがのあなたでも手強いでしょう。」

「ふぉっふぉっふぉっ、ワシはまだ努力がたらんのか。」
| | 2008/06/08 9:30 AM |

ガジュマルでなく、バオバブが月にささってる、という話なら知っています。
| | 2008/07/13 9:03 PM |

真っ白な広場で、僕は何をしようとするのでしょうか。

何が待っているのでしょうか。

その後は、一体どうなるのでしょうか。

海に投じた、あのちっちゃい石の行方は、どうなったのでしょうか。誰が、拾ったのでしょうか。

自分の目で、耳で、頭で、確かめないとなあ。
| | 2008/09/30 6:32 PM |

荒野から、長い長い、でこぼこ道でした。

時間がかかりました。

途中で、引き返そうとしたり、穴にもぐったり、転んでみたり、ヤケもおこしました。

最後は、もう、どうでもいいやって、大の字になって地面に寝ころびました。

目を開けると、拡がる青空。

ほっこり、雲が、ゆったり流れていくのをずーっと見つめていました。

旅は、そこで終わりました。

そこからは、口笛吹いて、風のふくまま、歩いていくことにしました。
| | 2008/10/31 10:30 PM |

荒野って、最初からあったんだろうか。
勝手に自分がそう思っていただけなんじゃないかな。
| | 2009/05/20 5:58 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/09/20 5:23 AM |










+ プロフィール

イッセー 尾形
誕生日:2月22日
出身地:福岡
イッセー尾形オフィシャルサイト
+ しっかりレポート&読み物
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
ルンバ天国
ルンバ天国 (JUGEMレビュー »)
マックス・ラーベ&パラスト・オーケストラ
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ recommend
+ LINKS
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ